So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Twitterまとめ投稿 2017/03/22 [医療]


nice!(0) 

娘が泣いたわけとは?〜幸せと健康の専門医〜 [医療]

#幸せと健康の専門医 #腰曲がり #首下がり #ライフワーク #HIFU #ウルトラフォーマー3  昨日帰宅すると高2の娘が悩んでいた。  予備校の国立大医学部コースの体験授業を受けていたら、私立の偏差値の低い医学部に入るのは医師人生にあまりいいことはないといわれたそうだ。  私立の医学部を第一志望にしている娘には大きなショックだった様子。  泣きながらそのことを僕に伝えた。  困ったもんだ。とこういうときは何故悲しくなるか?を紙に書いていくのが一番だ。  大きな紙に、縦軸はゴール。横軸は時間の線を引く。  一番右上をまず埋める。つまり、未来のゴール。  埋めた部分をみてみると、血液内科になって、癌患者さんのために研究をして、その成果で患者さんとその家族が喜ぶのをみて、自分もうれしい医師生活をおくると書いてある。  とても僕の血が流れているとは思えないゴールだ。  それで、そのためにはどうすればと、徐々に左にシフトしてノートを埋めていく。  聖路加国際病院の血液内科で働く。とある。これまたご立派。  その左端は今の学力で現役合格するには私立医学部に入学する。とある。  それでよいといった。  もし、今回授業を受けた先生が自分のゴールすなわちライフワークをみて、それでも国立大学医学部の方がいいというのならその理由を聞いてきなさいと教えた。  ライフワークは人それぞれ。おそらく予備校の先生は自分のライフワークは?と聞かれたら答えられないだろう。  こんな授業をお金を払って受けているのかと思うと情けない。でも、ほとんどの生徒はお金を払って恐怖を植え付けられ、死にものぐるいで勉強して偏差値の高い大学を目指す。  国立大学にいったから、私立にいったからは関係ない。(学費の面では国立に言ってほしいが、私立にいきたいといわれたら死ぬ気で学費をだすのも一つの親のミッションだ)  自分のヴィジョンをもつことがいかに大事か。  昨日娘と書いたノートをみて思った感想。  単純な娘は、また私立医学部合格を目指して歩みはじめみたいです。  

リーフレット.jpg



nice!(0) 
共通テーマ:blog

Twitterまとめ投稿 2017/03/16 [医療]


nice!(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/03/15 [医療]


nice!(0) 

2017-03-15 [医療]

#市ヶ谷 #整形外科 #美容皮膚科 #ウルトラフォーマー3 #HIFUシャワー #ジェネシス
#キュテラ #松井クリニック #いなばクリニック #白金ビューティフルエイジングクリニック

 先週の土曜日、日曜日は「熱血美容皮膚科ウィークエンド」でした

 3月11日 診察終了後、南北線→東急東横線に乗り継ぎ綱島へ。

 そこから、東急バスで都筑区の松井潔院長の松井クリニックにむかいました。
 以前、当院の見学にこられた際に、次回は是非見学させてくださいとお願いしていたご縁です。

 今回は、当院のレントゲンを入れ替えるため、松井先生のクリニックの機種を見せていただこうと思っていました。

バスに揺られる事約20分 勝田台団地バス停でおりるとすぐ松井クリニックの看板が見えます

到着は17時20分でしたので、看護士さん(松井先生は熱血美女軍団とよんでいますが、たしかに美女軍団でした!)が仕事を終え帰宅するところでした。
「先生のお友達がお見えです。」と松井院長に連絡してくれて、中に通されます。

そこは、待合室に大きな水槽がたくさん配置してある不思議な空間です。

しばらくして松井先生登場。

内科診察室、レントゲン室、美容皮膚科として利用しているサロンを丁寧に案内してくれました。

美容レーザーは20台以上あるのでしょうか?

圧巻の診療体制です。

クリニック運営の方法、レントゲン機種選定、美容皮膚科レーザー選定について親切に教えていただきました。

それから、近くのお寿司屋さんで会食です。

家庭の事、仕事の事、経営の事ざっくばらんに教えていただきました。

語り口がゆっくりですが、暖かい人柄です。

実は、松井先生昨年一度「心停止」しました。

奇跡の復活です。生きていてくれてありがとうございます!


ほろ酔い気分で楽しい時間はあっという間にすぎました。

翌日、3月12日は渋谷でキュテラ社のセミナーです。

演者は日本大学医学部の部活の後輩白金ビューティフルエイジングクリニック 山口麻子先生でした。

私が、美容皮膚科を導入するにあたり、山口先生と横浜上大岡で開業されている高校の先輩のいなばクリニック 稲葉岳也先生は本当に診察にアドバイスをいただきました。

白金と上大岡には足を向けて眠れないとよく講演でお話しますが、当日は山口先生、松井先生、稲葉先生と勉強し、語り、デモを行い充実した時間を過ごしました。

今回のデモで山口先生には大変貴重なヒントをいただきましたので、早速診療メニューに加えました。

なづけて美肌「マーベラスコース」早速2名の方に行いましたが、評価は上々です。

熱血美容皮膚科のご縁はあたらしい人脈でとても楽しいです。

新鮮な気持ちで日常の診療を少しずつ変えていけたらと思っています。



--
医学博士
医療法人社団トーイシン会 理事長
市谷八幡クリニック 院長
古賀昭義
日本整形外科学会 専門医
日本抗加齢医学会 専門医
日本リハビリ医学会 臨床認定医
厚生労働省 臨床指導医

http://www.ichigayahachiman-clinic.jp

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町11-1 7~10階
電話 03-3268-1830 FAX 03-3268-1831


公式ブログ「市ヶ谷で働く累計患者10万人ドクターのブログ」

http://akiyoshikoga.blog.so-net.ne.jp/

公式ツイッター
http://twitter.com/ichigayaseikei

公式facebook
http://www.facebook.com/akiyoshi.kogaIMG_1349.JPGIMG_1350.JPGIMG_1352.JPGIMG_1351.JPGIMG_1367.JPGIMG_1356.JPG
nice!(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/03/06 [医療]


nice!(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/03/04 [医療]


nice!(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/02/25 [医療]


nice!(0) 

ドクターAとの熱いオペ!!大学病院で脊椎固定術の手術に参加させていただきました[わーい(嬉しい顔)] [医療]

整形外科 #脊椎固定術 #抗加齢医学 #一生、腰が曲がらない本 #胸郭ストレッチ  平成29年2月24日(金曜日)午前の診療を休診とさせていただき、日本大学病院で脊椎の手術に参加させていただきました。A先生にご紹介した患者さんの脊椎固定術にいれていただけるとのお電話をいただいたからです。手術は9年ぶりでした。日本大学病院が新設されてから手術室に入るのは初めてでしたが、麻酔科の先生などは知り合いの先生もいて懐かしい気分でした。A先生と8時15分にお会いし、雑談のあとオペ室へ。患者さんはすでに麻酔がかかっていました。術式は脊椎固定術。第3〜第5腰椎の脊椎を縦割りして脊髄の圧を取り除き、6本のスクリューで固定する術式です。患者さんの脊髄の圧迫は強く、圧を取り除くのが困難なケースでしたが、A先生と助手のU先生の絶妙のコンビネーションで手術は順調に進んでいきます。最後1本のスクリューの挿入に時間を要しましたが、そのときにA先生が何回も時間をかけてスクリューを挿入する時、先生の真骨頂をみました。スクリューの方向がはっきりしないと、何がいま起きているか冷静に分析し、「大体でやっていらたそれは手術ではない!」とU先生におっしゃっている様子は、A先生に患者さんを紹介して間違いないと感じたものです。手術時間は5時間を要しましたが、術後のレントゲン写真は完璧でした。熱いオペでした。開業してオペにいれていただけるとは想像していませんでしたが、貴重な経験でした。A先生、U先生ありがとうございました!!



スライド2.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -