So-net無料ブログ作成
検索選択

第15回桜骨・関節研究会 [医療]

平成29年6月17日(土)は診療終了後、第15回櫻骨・関節研究会に参加のため池袋ホテルメトロポリタンへ 知識のアップデートです。 1) 山形大学医学部 整形外科 教授 髙木理彰先生 股関節症のアラカルト ◆ 多彩な変形性股関節症 GOA 全身性関節症  ◆ 結晶誘発性 ◆ かん骨形成不全 約8割 ◆ SIF 骨盤後傾 ◆ COMP上昇 多発性骨端異形成 ◆ 感染 ディフェンシン 自爆 2) 札幌医大 整形外科教授 山下敏彦先生 「脊髄再生医療」 ◆ 骨髄間葉系細胞(MSC)の静脈内注射 脊髄損傷に治験終了し良好な成績 ◆ 脊髄損傷の痛み アロデニア48% ◆ CRPS タイプ1より強い ◆ 脳梗塞にもMSC静脈内注射している ◆ 一億個のMSCを培養して点滴  ◆ 損傷部位にHOMING=集積おきる ◆ MSCからBDNF(神経栄養因子)が放出される ◆ BDNFはカリウムチャンネルのカイネティックスを変化させる ◆ MSCの移植→脊髄脳関門の修復 ◆ MSCはin vitroで血管内皮を通り越す ◆ AIS C で良好な成績 ◆ 自家MSCを脊髄投与で痛み軽減Penha , Scirissod 坐骨神経モデルもある。 ◆ 一億個で10%は損傷部位にいく ◆ 認知症、パーキンソン病、DMに効果あるかもしれない。 講演2の山下先生の動画を交えたプレゼンは大変勉強になりました。 僕は骨髄間葉系細胞で学位を取得したので、ここまで効果があるのか!と驚くばかりでした。 早ければ来年には実用化できるかもしれないとのことでした! 素晴らしい研究ですね。 自分もできることをしたいとおもいました!
nice!(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0