So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-07-08 [医療]

「腰曲がり」にヨガを勧める3つの理由 #市ヶ谷 #腰曲がり #ヨガ #抗加齢医学 #毛髪再生 #PRP治療  今朝もホットヨガ。体はまだ柔らかくなりません。2週前は、空調が壊れてたみたいで灼熱の中やっていたら夜脱水で運転中に意識がなくなった!?という怖い経験をしました。  皆様、こまめな水分補給が大事です。  現在、ある企画で、その中で腰が曲がっている患者さんのためによい運動法がないか考えているのですが、なかなか頭で考えていてもよいアイデアは浮かばないということで、木・土はホットヨガ、日・月はスローヨガ、水曜日はピラティスと仙人のような生活をしてはや3ヶ月。  なんとなく答えがみつかってきています。  結論、腰曲がりによいヨガのポーズはあります!  腰曲がりは、椎間板変性、腰の骨の変形(圧迫骨折を含む)、背筋の弱化が主な原因と考えられていますが、下肢の筋力低下、腹筋の低下、セルフイメージの低下などさまざまな隠れた原因があると思っています。  変性や変形はヨガセラピーをしても変化ありませんが、体幹を整えるというポーズは5種類くらいみつかりました。  曲がっているものを伸ばすのは、上下に伸長するというのは何となく分かるのですが、どの筋肉を伸ばせば腰曲がりにいいのかが理解できてきました。  また、瞑想により自分のセルフイメージを高めることができるので、腰曲がりにいいのではないかという気づきをいただきました!  呼吸、ポーズ、瞑想をマスターしていけば、いままで「腰が変形してしまっているのでしょうがない!」と外来で患者さんに伝えていた事が変わるかもしれません。  まだ、気づいた段階なので何ともいえませんが、体系だててアウトプットするから待っててくださいね〜 いつも3つの理由ってなんなのって外来で聞かれるのでまとめますと 1:腰曲がりにヨガの呼吸法がよい。 2:腰曲がりにヨガのポーズがよい。 3:腰曲がりにヨガの瞑想がよい。 ということです“”##


スライド1.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0