So-net無料ブログ作成

なぜ?院長は朝食に吉野家の塩鯖朝食を選ぶのか? [医療]


なぜ?吉野家の塩鯖朝食を院長が選ぶのか? #市ヶ谷 #抗加齢医学 #筋トレ #たるみ #脂肪 #モニター  今春から医学部に進学した娘が栄養学の勉強をしています。  炭水化物、タンパク質についてエネルギーを計算すると一日どのくらい摂取するのが適当か計算する課題に取り組んでいます。  ほとんど、コメは食べれないという計算になりますが、僕は今朝も吉野家の塩鯖朝食を食べました。  1999年に本庄総合病院に勤務していた頃、当直医の食事について院内の会議で議論になったことがありました。  患者さんのために自分の時間の全てを献身的に捧げるという姿勢で診療に当たっていた内科のK先生は、「患者さんがこの食事で病気と闘っているのなら、同じ気持ちで診療に当たらなくてはなりません。患者さんと同じ食事を当直医の食事とするべきです。」  一方、今でいう「私失敗しませんので!」の大門ドクターのような外科のA先生は、「いつ何時、救急車や緊急手術が入るかわからないじゃないですか?そのために、病院の食事に肉などを一品プラスしましょう!」  「それだと、医師だけ贅沢に見えないですかね?」「別に自分でカップラーメンでも買えばいいのでは?」などの意見が出ていました。   医師になってまだ3年程度の僕にとっては、新鮮な大人の会話に聞こえましたが、今となっては、完全にA先生の意見に賛成です。   特に、開業してからその考えを強く持つようになりました。   昨日も、院内の環境整備、診察、往診、面会などを全てこなしてたら1日12時間以上はゆうに働いています。    朝に、塩鯖定食で栄養補給しておかないと業務はこなせないと思います。   もちろん、今日は忙しそう、今日はすこし楽かもしれないというのは直感でわかるので、それに応じて食事はセーブしています。  医学部一年生の娘に塩鯖定食は朝食にオススメだよ。ビタミンも豊富だし、納豆をつけるとさらにビタミンKが補充できるし腸内細菌にもいいよと伝えました。  栄養学のテキストと照らし合わせてくれて、確かに栄養のバランスがいいのを二人で確認しました。  「パパは魚より肉でしょ」娘は言います。  そう、吉野家のつゆだくに頭大盛りに納豆をかけるのが最強だと思っているので、ヘルシーな変化に娘も驚いているのでしょう。  全て患者さんのため、スタッフのため、家族のためです。  自分が周りの人を豊かにできるかは、自分の健康ケアにかかっているのだと栄養学のテキストを見ながら話しは続いて行きました。  今日も、新しい1日をワクワクしながら過ごせたらいいですね。

2pブログ用.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0