So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

なぜ市ヶ谷の整形外科医はギプスを巻かないのか? [医療]

IMG_3328.JPGIMG_3329.JPG#アクセラス  #整形外科 #骨折治療学会 #イリザロフ研究所
昨日は苦情が2件。
1件はコメント出演している商品の返品対応がなっていないというお叱りのお電話。
これは、宣伝会社の代表の方とお話しして解決。
 もう一件は、当院で骨折の治療をしてたが、自宅近くの病院を受診すると「その治療はあり得ない」と言われギプスを巻かれ松葉杖になったというご報告。
 その方は中足骨の骨折で、超音波骨折治療器アクセラス で治療していました。
患者さんは受傷後8日目で人から聞いて当院を初診された方です。
 開業以来、当院に訪れる患者さんの9割は市ヶ谷駅、四ツ谷駅、麹町駅周辺で働いている方でした。
大学病院勤務時代は骨折の患者さんには骨折部を整復(元に戻す)し、ギプス固定を基本の治療として行ってきましたが、開業してギプスを巻こうとすると患者さんに必ず「ギプスと松葉杖では仕事にならない!」と言われます。
確かに、そうです。
 歩いて当院まで来て、ギプスを巻かれてしまうと困るのも頷けます。
 開業当初はギプスを巻かないで骨折を治療するのは不安な時期もありましたが、患者さんとよくお話しして、超音波骨折治療器アクセラス を用いて治療していけば日常生活に支障なく治癒する症例を多く経験しました。
 写真は78歳の女性で、大学病院からの紹介です。
 足にはやはりギプスが巻かれていましたが、旦那さんの介護があるから外してくださいというのです。
 常識的にはそれはできませんが、毎日アクセラス をしてみると、、、
 2ヶ月で痛みなく歩けるようになります。
 写真左が初診時、右が2ヶ月後です。
 手関節周辺骨折も、同じように治療しています。
 骨折型を見て適応を考えていますが、今回お電話を頂いた患者さんについては、写真でお示しした方よりも年齢が若く、骨折型も安定していたのでアクセラス を選択しました。
 それでも「後医は名医」という格言がある通り、あり得ないと言われたら私の立場はありませんね。
 当院にも前医から紹介状なくいらっしゃる患者さんは多くいらっしゃいますが、「あり得ない!」なんて行ってしまうと、前医の先生の診療方針を全て否定してしまうことのなりますので、ここにこられている患者さんとのご縁をいただきありがとうという気持ちで穏やかに診察するようにしています。
 「あり得ない!」なんて言ってしまうと、必ず自分に返って来てしまうと思っています。
 言霊って本当にあるんです。
 その患者さんは地元の先生に診ていただくのが最善の治療だと思います。
 当院は整形外科と抗加齢医学の頂点を目指して今日も熱く診療を行う予定ですのでよろしくお願い致します!!


nice!(0) 

nice! 0