So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

あなたを100倍健康にする抗加齢整形外科専門医のブログ 2018/01/10 [医療]


nice!(0) 

常連の患者さんに青山学院大学の原晋監督の指導について教えてもらったこと [医療]

#市ヶ谷 #青山学院大学 #ハーモニー大作戦 #駅伝 #整形外科 #抗加齢整形外科 #ボトックス腰痛 #アンチエイジング #リフトアップ  昨日の常連の患者さんはお正月に駅伝をテレビでみて過ごしていたそうです。  青山学院大学の原晋監督について、美容施術中にいろいろと教えていただきました。  駅伝にはあまり興味がないのですが、4連覇する監督です。  他の大学にはない指導方法があるのでしょう。  昨日の常連さんのお話では、分析に分析を重ねているのが勝因ではないかという事でした。  例えば、山を走るランナーは採血してヘモグロビン濃度を測定して選定しているというのです。  このように、その区間に適したランナーを選出していくと、勝利に近づけます。  また、駅伝に出場する選手以外の一体感もものすごくあるそうです。  適した人材を配置して、組織に一体感をもたせる。  常連さんのお話を拝聴して大変勉強になりました。  僕自身、原監督のまねをしているのが、監督が選手に乳製品のR-1の飲ませていることです。  この一年受験の年でありました、高校三年生の娘に毎日R−1を飲ませていました。  これは、原監督がテレビで紹介していたのを参考にしていたのですが、腸内細菌を制するものは受験を制すると感じたのです。  腸内細菌が良い環境になれば、代謝がよくなり脳の思考回路が改善すると思います。  R−1は店頭で売っている商品の賞味期限が短いので買う時に注意が必要ですが、受験という駅伝を乗り切るには親子で頑張っていくしかないですね!


IMG_2406.JPG
nice!(0)